どっち も すき
  
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

青空写真展 space peace vol.2 ~雨上がり編〜
 というわけで

神様のいたずらで予定していた4日だけ
天気が崩れて次の日に延期して開催しました。

良かったの残念だったのか分からないけど
いろんな人が来てくれて
笑って歌って食べて飲んで寝て桜見に写真見に
集まってくれたことに感謝します。

去年も思ったけどほんとに人との繋がりが涙が出るほど
すごいものだと思わせてくれます。

パタパタと買出しやらしてたから
ゆっくり話せなかった人もいるけれど

なにかの「縁」があってここに集まってくれたので
また何かとよろしくお願いします。

桜ノ宮 毛馬公園

素敵な場所です◎


そして

space peace 〜1日だけじゃもったいない編〜

17日(fri)~19(sun) @1980 bar TK

外で展示した作品を飾らせていただきます。



sp1 sp3
sp2 sp7 
sp6

sp4 sp5
sp10 sp13
sp8 sp9
sp12 sp11



6×6
 

*おしらせ*


 作品展に参加しています◎
 お時間とご興味ある方遊びに行ってみてください。
 色々なアートが楽しめます。
 

  「66展此廖
  
 2008/6/6(fri)〜6/12(thu) 12:00pm〜8:00pm

会場:細野ビルヂング  大阪市西区新町4−5−7 (06-6531-0995)

※地下鉄千日前線、鶴見緑地線「西長堀」駅下車 4−C出口 上がってすぐ

  →http://www.sgy3.com/hosonobldg/


*****


少し前に買ったクラシックカメラで
最近撮っています。

1眼じゃないので
なかなか難しいので
なかなか面白いです。

ブローニーの6×6
正方形で
写真があがってくるのを待つ。

目の前に見えてるものを
正方形に切り取る。

頭の中で想像したものが
うまく四角の中に詰め込むことが出来てるだろうか。

撮りたいと思う瞬間
シャッターを押す瞬間
あがってきた写真を見る瞬間を

少しどきどきしながら待っている。

また新たな発見を楽しみに。




                 sen






choice

spoons




選ぶのはむずかしい。
選ぶことはとても力がいる。

分かれ道
どっちに行くかとか。

たくさん並ぶケーキ
どれを食べるかとか。

今日着ていく服
何にするとか。

何を
仕事にするだとか。

とにかく毎日目の前にあることを何かしら選んでる。

たまに何でこんなにたくさんのものが溢れてるのだろうと頭を抱える。

ものが多いことは幸せなことなのか?
選択肢が多いことは幸せなことなのか?

選べない環境があること
選べるという贅沢さ



選ぶこと

それは全部 
自分で決めること。

他の誰でもなく。
自分の意志で。

選ぶこと

とても頭を使う。
でも大切なこと◎




oshiri

   よし、天気がいいので外にゆこう◎
   寒いけど、まけねぇ。






   shika no oshiri

               

                  先週、宮島のしかのおしりを追いかけてきました。



2 0 0    8   nezumi san


   
 いつの間にやら新しい年を迎えていました。
 今年は見事に寝正月です●
 
 まぁ、これもありです。
 
 去年は大殺界だったらしいのですがそれなりにいい年でした。
 全部 気の持ちようだねぇ。

  
   今年の抱負を聞かれたけど
   まだ何も決めてなかった。
   ずっと寝てたから。


 3日からスローに始まったわたしの今年の抱負は
 「おもしろく やさしく あたらしく」 にします。

  気まぐれなので 今年の末には 増えてると思います。

  まぁ、それもありだね。 
  
  
   

    yoroshiku moushiagemasu


         今年もよろしくお願いします。
         
    みんなの今年はどんなのになるのだろう。
    楽しいのになるのを心からねがっています。

   去年であった人 それまでにであった人 繋がってるみんなに ありがとう。

   もう1回  今年もよろしくお願いします。

続きを読む >>
sensitivity
 

 感受性というのはみんなそれぞれ違うくて
 みんなそれぞれが色んなものを見たり聴いたりして
 色んなことを思うのだろう。
  

   

     shima



         
         赤がどれだけ赤いとか
         空がどれだけ大きいとか
         風がどれだけ気持ちいとか

       色んなことをみんなそれぞれ感じている。       
         
osaka walker


大阪を歩く。
てくてく歩く。

お腹がすく。
ぺこぺこ減る。

パンを食べる。
ぱくぱく食べる。

鼻歌を歌う。
ふふふと歌う。

思わず立ち止まる。
ぴたっと止まる。


また歩く。

そしてまた



写真を見返すともうその場面はそこに無くて
「嗚呼、通り過ぎて行ってしまった」と思う。

あの人はあっちに
その人はそっちに

目の前を通り過ぎて行ってしまった。
と思う。

それをただ受け入れる。




aruku

         thanks papico
Come

おばぁちゃんち
おじゃましまーす。



henkande
autumns
 
 
 日本の四季は素晴らしい。
 景色と食と気持ちが変わってゆく。
 秋はとても穏やかで好き。
 
 でもよそ見してるとすぐ通りすぎてしまう。


     

oimo family
meet
who no oppo ?


                    あらたなものに出会い
                    あらたなものを見る

                     一期一会です。


                  好きなことはどんどんしたい。