どっち も すき
  
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

星のくに
 
少し前に 星のくにへゆきました。

あっちの世界ではなく、以外にも身近な奈良にあるのです。

集まった6人の女の子。

はじめましてやら。

久しぶりやら。

まったり企画に参加してくれてありがとう。

今回はお泊り。


車走らせ着いたところは、山々。

yama

kosumosu

kouyou

少し紅葉もしていました。

着くなりまったり。

プラネタリウムもちかくにあるのです。

時間がちょうど合ったのでみんなでゆきました。

なんせ朝出てきてこのまったり感。

寝てしまいました。

空を見ながら、男の人の星の説明が子守唄に聞こえました。

かろうじてカシオペア座の説明だけ聞けました。

8割みんな寝てた◎

あの角度は心地良すぎるよ。


そしてBBQ

火、おこせる?なんていいながら。

適当にやってみる精神。

いつもなんとなくやってるから。

ちょっと時間かかったけど無事出来ました◎

となりでは若い男の子たちがお肉とご飯(炊飯器持参)とキャベツをほうばっていました。


その後ちょっと外に出ると、見事に星空。

大阪では見れない。

座って眺めてると、

高校の時にしし座流星群を地べたに寝転んでみたこと。

フィリピンでみんなで寝転んで毎晩のように星眺めてたことを思い出す。

一緒に見てる人も場所も違うけど、素敵な思い出です。

今日もそういう日になるのだと思った。


夜、大きな望遠鏡で星を見れるのだけれど霧が出てきてあっという間に
空は覆われてしまった。

1つだけ見れたのは夏の大三角の一つだけだった。

1つだけでも見られて良かったね。

ポジティブなわたしたちはお風呂に入りコテージに戻りゆるり過ごすのです。


***


次の日は朝からお風呂に入り、ゆるりとご飯を食べ、ゆるりと星のくにをあとにした。

法隆寺によることにした。

雨がもってよかった。

houryuji

tera    sukima


雨のような湿った感じが、ここをより独特な場所にしてる気がする。

静かな場所でした。

座りながら寝てしまったぐらい。

落ち着く場所でした。




いい旅でした。



京都にまた紅葉みにゆきたくなりました。







once again

もう1回、2回でも3回でも行きたい国
エジプト。
すごく面白みのある国だなぁとつくづく思います◎

ご飯は合わないけれど。。


kaidan


最近友達と海外に行きたいばなしをよくする。
インド、タイもいいのだけれど
カンボジアに行きたいな◎
アンコールワットを死ぬまでに見たい。


でも、もうちょっと我慢します。
お仕事も楽しいから働きたいし◎
夏はイベント盛りだくさんだし。

これで行った気分。
TUTAYAで見つけたDVD。


世界遺産 【エジプト編】
世界遺産 【エジプト編】



睡眠を促してくれる◎
促しすぎてはじめの方で寝てしまうため、未だに最後まで見たことがない。

夢の中へトリップ。


朝日が昇るが如し
最終日。

仕事に出た友達にぺたぺたと書置きをして家を出ました。
ほんと、ありがとう。

佐賀のとある街、いい街ですた。
すきですこの街。

また博多に出ました。
お土産屋さんのおばちゃんに天神まで歩いてみな。
とお告げを頂き、時間もあったので歩くことに。

お散歩日和◎

途中で神社によりました。
おばちゃんがおすすめしてくれたので。
おみくじを引くと大吉でました。
「朝日が昇るが如し」
なんかいいことあるかしら。

街を歩いてるとうどんじゃなくて「うろん」屋さんがありました。
こっちではうどんをうろんというの??

uron

よくわからないけどその店だけやった。


そして大濠公園へゆきました。
おっきい公園大好きです。

相変わらずikontaさんを持って歩いてると
自転車乗ったおじちゃんが
「蛇腹カメラかいな」
と話しかけてきてくれた。

「珍しいね」と。
おじちゃんは昔カメラ関係の仕事をしていたみたいで
色々とお話してくれました◎

また一期一会。
とても嬉しくなった。


ぐるっと公園を散歩した。

コイに餌をやる3人組の老人。
ベンチで休憩してるスーツ姿のおじさん。
自転車を横に置きたそがれる外国人さん。
ギターの練習をしているお兄さん。

色んな人がここでゆるり過ごしていた。

わたしもベンチに座って本を広げると
ギターの音がかすかに聴こえる。
木の隙間から落ちる光と
ちょうどいい風。

ずっとここに居たくなる。

素敵な場所でした。


いつも色んな人に出会っている。
いつも色んなものに出会っている。

そうやって大切なものが増えてくる。

それを忘れないように大切にしたいといつも思う。



oobori kouen komorebi 



en 縁 ○
3日目の夜
新たな出会いがありました。

友達が会社の人と飲んでいるので来ないかと言うことから。

お父さんと同じ世代のおじちゃん。
陽気でおしゃべりで遊び人 笑。

初めてあったとは思えないくらいおしゃべりしました。

おじちゃん、漫画みたいにちどり足。

4日目。

友達もおじちゃんもお休みと言うことで、車で熊本に連れて行ってくれると言うのでお言葉にあまえた。

朝、1番酔っていたはずのおじちゃんをわたしたちのお寝坊で1時間半も待たせてしまった。
そこからおじちゃんのおうちで朝ごはんを頂きました。
お味噌汁が、ご飯が、漬物が、おばあちゃんがつけた梅干が。
とてもとても美味しかった。

おじちゃんは元々陶芸家でおうちの横の工房を見せてもらった。
綺麗な色の器たちが並ぶ。
おじちゃんの魂が1つ1つに込められてるのだとじっと眺めた。

shiraki yaki koubou


いざ、熊本。
雨ザーザー。

なのに阿蘇山に行きたいと言ったわたし。
「雨だから無理かな。」
「いける!」
と、おじちゃん。

途中、道を間違えてUターンしたところがピロシキ屋さんだった。
友達が食べたいと買いに行ったら中でコーヒーを入れてもらったからおいでと。

そこでまた新たな出会い。

温泉帰りのマダム4人とおじ様1人。
話が盛り上がり。
笑い声が響く。

外は雨 だけど 中は晴 

わたしとても幸せだゎ。
そう思った。

ピロシキもだけどお店のお母さんが作ったパウンドケーキが涙出るくらい美味しかった。
もちもち生地にくるみとバナナの風味。
コーヒーの香りと笑い声。

そしてまた阿蘇山へ向かう。

山道。
激しい雨。
霧で雲の上に来たみたいやった。

火口まで着くがガスが出てて規制かかってるしロープーウェイも止まってる。
しょうがないね。

でもなんだか残念な気分でもなかった。
「またこよう。」
こっそり思っていた。


マダムに貰った熊本城の無料チケットを握り締め
次に熊本城に向かう。

高く積み上げられた石
立派にたたずむお城。
ピラミットもそうやけど昔の人ってすんごいなって思うのです。
現実と昔の狭間に着てしまった気がした。


美味しいうなぎのせいろ蒸しを食べながらほっと温まる。
熊本にある「徳永」といううなぎやさん。
傘もってお見送りしてくれた店員さん。
おじちゃんが「ああいう風にしてもらえると最後まで気持ちがいいね、またこようとお客さんは思うよね」と。
わたしは深くうなずきました。

今日あったことを考えていた。

縁と笑顔と雨とお寝坊と
1つ1つがなかったら今また違う場所にいたのかもしれない。

今日が今日でよかった。

縁があればまた繋がる。




                 
guuzenn no




The ひとり遊び

友達が大半仕事なので自分で好きなとこをうろうろする。

3日目。


福岡喫茶散歩
福岡喫茶散歩
小坂 章子



お世話になった本。

「どこいこっかな」
そう思いこの本をこの旅で何度も開いた。

お昼ごはんを。
ちょっと休憩。
本読もう。

なんてそれだけでわくわく。
喫茶店。

   ひとり遊び人


「どこいこっかな」
駅の地図に見た動物園。

バスにゆられ
じわじわ汗かきつつ
動物を見つめる。

福岡の動物園、象が近いしキリンも近いし。
遠足で始めてきた幼稚園児のように心躍る。

チンパンジー。
「○○動物園に引っ越しました。」のお知らせ。
お隣のチンパンジーも
あらお隣も。
あらあら。

ライオン、おっきいあくび。

動物おもしろいっ。

出口の前についた頃は汗だくでした。
でもとても楽しかった◎

隣にあった植物園、疲れすぎていけんかったゎ。

  ひとり遊び人


そしてまた休憩がてら喫茶店で珈琲飲みながら本を読む。










なんて 地味な子◎



ikontaさんと。

ikontaさん。
中古カメラ展で出会ったクラシックの蛇腹カメラ。
何度か撮り試してるうちに楽しくなって今回の旅のお供。

ikontaさん。
一眼じゃないのでなれないうちは想像したものが上がってこなかった。
少しだけ仲良くなって楽しくなって今回の旅のお供。



九州で友達のおうちに泊めてもらって過ごした。

2日目の朝、目が覚めるととても混乱していた。
いつもと違う風景に
「ここどこや。」
夢か現実か分からんとこでぼーっとしていた。
自分の部屋以外の天井の下で目が覚めるといつもそうなる。

雨だと思ってた天気がなんだか持ってるので
友達が住む街を散歩。

畑に囲まれて
近所の庭先には綺麗な紫陽花が咲いていて
住宅街の中には少し広めの神社があって
そこでは小学生が缶けりをしていた。

「そこにおると!」
「おまえせこばっかしよる!」
「もう帰るけん!」

ベンチに座りながらそれを聞いてると
あぁ、ここ九州やったと改めて思った。

脳みそが完全にholiday◎


そんな時間をikontaさんに詰め込む。



    http://www.pacificrimcamera.com/pp/zeiss/ikonta/ikonta.htm      


         




                      ajisai




家出娘
ではないけれど

家出気分で。

iede musume


少し九州のんびり旅に出かけておりました。


ぶらり歩くと人に出会い

ぶらり歩くと素敵な空気に出会いました。

すごくのんびりした

うちらしい旅だったんじゃないかと思いました。

のん 日離
のん日 利
野 んびり
non ビリ
のんびり


梅雨だけど5分の3.5日は雨は降らなかった。
上出来◎


久しぶりなはずなのにそれを思わせない友達との再会を終え
福岡をぶらりぶらり。

友達もこちらへ来たてであまり知らないのでとりあえずぶらりです。

のんびり旅
ほとんどフィルムで写真を撮っていたので
いまから現像してきます。

あがりが楽しみです。



ぼちぼち 綴ってゆこうと思います。










a flow

  
  川の流れと時間の流れに身をまかせ
  船の上で歌をうたい
  夕陽を眺め
  静かに空気を吸い込む。

  素敵なsunset



egypt sunset
art jima

直島は素敵過ぎる場所でした。
そこに一緒に行ったみんなも素敵過ぎる人でした。
自由でartな島で花に釘付けでした。
花も人も色んな顔するからね◎


oyama koyama